アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

ロハスな生活

日本の森を生かすため近場の木材で、ロハスな家を建てる

[近場の木材の利用2]

国産材の活用

 国産材が外材よりも優れている点は、日本の気候風土の中で育った木ですから、日本の気候風土に最も合っているという事です。更に地元の木材であれえば、木が育ったそのままの気候であるため、最も適した木材といえます。ところが、日本で1年間に利用される木材は、実に8割が外国のものです。

 特に最近、急速に需要が拡大している欧州の木材は極めて腐り易く、シロアリにも弱いという実験結果が出ています。

 私たちの暮らしている日本の森林は、住宅の柱など材料としての「良い木材」を得るために、人々が植えた「人工林」が4割程度を占めています。この人工林の木々はまだ比較的若くどんどん生長しているのですが、このような森林を手入れしないで放っておくと、もやしのようなひょろひょろの木がぎゅうぎゅうに詰め込まれた状態となって、幹も根も十分な成長ができなくなります。

 また、地面まで光が届かないために、森林の下層植生が生えず、土壌がむき出しのままになってしまい、大雨が降った時には土壌が押し流されて山が荒れたり、下流の人々の生活を脅かすような被害も出てしまうのです。

 このように森林には、土壌を維持する働きがあるばかりか、水を蓄えたり、空気を浄化したりする働きがあります。

 この他に、とりわけここ数年、地球温暖化を防ぐ森林の働きが重要視されています。これは、木々が光合成することによって、温室効果ガスである二酸化炭素を吸収して蓄えることにより、大気中の温室効果ガスを減少させることにつながるのです。

 このような森林のもっている様々な機能を十分に発揮させるには、適切に手入れすることが必要です。農作物を秋に収穫するように人間の植林によりつくられている森林は,50年〜60年ほどしたら,刈り取ります(主伐)。また,森林が育つ過程では,下刈や間伐を行い,木が伸び伸びと育つ環境を与える必要があります。

 ところが,日本のほとんどの森林は,下刈や間伐がされず,放置されており、森林が本来の姿で機能していません。安い外国産の木材に押され,国産材が普及していないからです。

 森林を整備するためには,下刈や間伐が必要です。そして,主伐したら植林して再び森を育てる。この循環が森林の本来の姿です。日本の森林を本来の姿に戻すには,国産材製品の普及が必要です。このことが,日本の森を育て,CO2の吸収にもつながっていきます。

 森林の手入れをする林業を営む方たちは、伐った木を売ることで収入を得て、それを元手にして苗木を植え、森林の手入れを行っているのです。

 このため、もしも私たちが木材を使わなければ、せっかく伐った木が売れなくなりますから、林業を営む方たちは収入を得ることができなくなり、森林の手入れもできなくなってしまうのです。

 木材を有効利用することにより、「植える→育てる→収穫する」という森林のサイクルがうまく循環し、林業の生産活動も活発になり、森林のもっているさまざまな機能も十分に発揮されるようになるのです。伐ったら、植えて育てること、ちゃんと管理されている森林から生産される木材をちょうどいい量だけ使うことが重要なのです。

 日本の森林は、全体的にみると使わなさすぎてだめな状態になっているので、国産材を積極的に使うということが、森林保護に役立つのです。

 

地球温暖化対策

 地球温暖化の原因となっている二酸化炭素(CO2)の大きな吸収源として,森林が注目されています。京都議定書では,日本の二酸化炭素(CO2)の排出量を1990年の水準より6%削減することが義務づけられています。そのうち3分の2あたる3.8%を森林(による吸収)が担っています。

 木は歳をとるにつれて二酸化炭素の吸収量が減ってきます。逆に若い木は二酸化炭素を多く吸収します。ですから古い木を切り、そこに植林をする。これが日本古来の循環型の山林の育て方なのです。

 木材を使うこと自体も、二酸化炭素の貯蔵、排出抑制を通じて、地球温暖化防止に貢献します。

 例えば、木材を住宅や家具にたくさん利用し、手入れをしながら大事に使い続ければ、木材の中に固定された炭素をそれだけ多く、長い間蓄えることになり、大気中の二酸化炭素の濃度が上昇するのを抑えるのに役立ちます。つまり、木造住宅を増やしていくことは、街にもう一つの森林を造ることと同じような効果があるといえます。

 また、木材は、鉄やアルミニウムと比べ、製造や加工に必要なエネルギーがとても少なくてすみます。ですから、これらの資材の代わりに木材を使えば、その分だけ省エネルギーにつながります。

 最終的には、石油などの化石燃料の代わりにエネルギーとして利用すれば、その分、さらに二酸化炭素の排出を抑制することができます。

Sponsored Link

-ロハスな生活