アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

ロハスな生活

水資源節約への一歩

 限りある水資源。家を建てる時の水資源節約として私たちにできることをを考えてみました。

 

 地球には、およそ14km3 の水があると言われていますが、そのうち約97.5%は 海水、残りの2.5%が淡水(真水)です。

 

 そして、この淡水のほとんどが北極や南極の雪と氷です。地下水や河川・湖沼として存在し私たちが“使える水”は、地球上の水のわずか0.008%にすぎません。 私たちが日常使用している水は、無尽蔵ではなく、限りある貴重な資源なのです。

 人類は、地球上のたった0.008%を生活用水、農業用水、工業用水等として利用 しています。ただ、これだけ少ない量でもひとりが1日1トンの水を使うとすると、地球上で250億人が生きられると言われています。しかし、実際には日本人は、お風呂や水洗トイレ、工業用水などを含めると、ひとり当たり1日3トン、アメリカ人は6トンもの水を使っています。

 

 これに対して、アフリカの人はひとり1日10100リットルの水で生活しています。先進国の人々は、実にアフリカの人の100倍もの水を使っていることになるのです。日米など先進国の一層の経済拡大志向、途上国の人口増加と都市化、途上国の工業化などを考えると、このままでは近い将来、水資源の危機に見舞われることは避けられません。

 

 わが国は、アジアモンスーン地域に位置し、年平均の降水量は1,714mmで世界でも有数の多雨国となっています。しかし、人口一人あたりの年降水総量では、世界平均の約27,000m3/年人に対し、わが国は約5,200m3/年人で世界平均のおよそ1/5すぎず、必ずしも水資源が豊富であるとはいえません。

 

 そこで、地球に暮らす人類の責任として、雨水を自前の水源とし有効利用することを考えました。

 まず、雨水利用として考えられるのが、貴重な飲み水を使う必要のない、トイレの流し水と庭の散水です。雨水をトイレの水として利用する場合、

 ・地下にタンクを埋め、屋根などから樋を通ってきた水を導く。

 ・地下タンクからトイレ用の独自の配管を引き、ポンプで送り出す。

 ・雨が少ない時期は、水道水を地下タンクに入れるようにする。

 ・必要に応じて、お風呂や洗濯の排水を濾過して地下タンクに入れる。

といった具合に、雨水という古来から活用してきたの水資源を、現代の住宅に利用するには、それなりのハイテクノロジーが必要ということがわかりました。費用もやはり、それなりにかかります。そこで、地球資源の有効活用という大義名分はあるのですが、身の丈に合った取組みとして、庭の散水に絞った雨水利用を考えることにします。(実は、まだやっていません)

 方法は、オーソドックスではありますが、雨樋から水を分岐させてタンク(古い酒樽が趣があります)に導き、ポンプで散水できるようにします。別の効果として雨水タンクがあることで、緊急時の非常防火用に、地震や渇水時のときには一時しのぎの飲料水として役立てることができます。

 また、我が家では、トイレの水の節水対策として、おしっこをするときは家族で声を掛け合って、連続で用を足して、最後に1回分の水を流すということをしています。ちょっとしたことでも続けていければと思います。

Sponsored Link

-ロハスな生活