アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

自然観察

オービィ大阪(Orbi Osaka)の口コミや評価、評判の投稿が少ないのでレポートします

2016/05/28

エキスポランド跡地のEXPOCITYにできた大自然超体感ミュージアムオービィ大阪(Orbi Osakaに、2016210日に行ってきました。

オービィ大阪(オービ大阪ではないよ)は2016129日にオープンしたばかりなので、まだ、口コミや評価、評判の投稿が少ないようですので、レポートしたいと思います。


Sponsored Link

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1953570892748482"
data-ad-slot="5771615453"
data-ad-format="auto">


 


OrbiSEGAとイギリスのBBC earth2社による共同プロジェクトです。BBCによる大自然の迫力ある映像コンテンツに、ゲームなどで培ったSEGAの最新技術が導入されており、五感を刺激するこれまでにない大自然体感ができます。


なお、オービィ大阪20138月にオープンしたオービィ横浜 (Orbi Yokohamaほぼ同じ内容の国内2号店です。

全部で13のコンテンツがあり、気に入った施設を楽しむことができます。

この中で、私が体験した中のベスト5を紹介します。

 

1位:アースクルージング

アースクルージング オービィ横浜公式サイトより

大型湾曲スクリーンとそこへ投影された世界中の壮大な景色の空撮映像がつくり出す、仮想飛行体験エキシビションです。客席に向かってさわやかな風が吹いて、画面に見入ると本当に空を飛んでいるような気になります。左右に揺れながら飛んでいると酔った気にもなるほどでした。

他のコンテンツと比べて、特に凝った演出ではありませんが、リアル感にすぐれており、これがイチオシです。

 

2位:シアター23.4

シアター23.4 オービィ大阪公式サイトより

何と言っても、その規模の大きさ、高さ8m、幅40mの円弧状の大スクリーンに『海がめロキシーの冒険』の物語が大迫力、大音響で映し出されます。けっこうシアター内に風が吹き渡り、匂いの効果があったりと五感で体験できるのが新鮮でした。

ただ残念なのは、大音響すぎて音が割れているし、匂いも新築の建材のようで自然の匂いとは違うかなと思いました。

また、コンテンツとは関係ないですが、椅子の座り心地がとても快適でした。

ちなみに、シアター23.4とは太陽に対する地球の自転軸の傾きが23.4であり、この傾きが季節や気候の変化をもたらし、多様な地形をつくり出したことにちなんでいるそうです。


3位:ブルーレイヤー


ブルーレイヤー オービィ横浜公式サイトより

海の中にいるような青い光に包まれて、海の表面からマリアナ海溝の底までどんどん降りていき、いろいろな生き物に出会えます。深海の生き物は色とりどりに輝いてとても綺麗です。

ここも、それだけですが、フッと息が抜けて癒される気がします。

 

同率第4位:マウンテンゴリラ、エレファンツ

マウンテンゴリラ オービィ横浜公式サイトより

マウンテンゴリラマウンテンゴリラの群れの中に入り、3Dで生態を見ることができます。途中、ボスゴリラに襲われるという想定で、ちょっとした仕掛けがあるのですが、観客からの悲鳴もなく、それほど刺激的ではありません

それと、ここも椅子の座り心地が良かったです。

 

エレファンツ オービィ横浜公式サイトより

エレファンツアフリカゾウの群れの中に入り、一緒に旅をしている想定でスコールに逢ったりします。床が濡れているし、案内のお姉さんも、雨に気をつけるように言いますので、上から水滴が落ちてくるということがわかります。

また、立っている床にも演出がありますが、これも、それほど刺激的ではありません

 

料金は、大人:2,000円、高校・大学生:1,600円、小・中学生:1,400円、幼児(4才以上)で、やや高めかな? 横浜よりは少し安いようですが。

驚いたのは、年間パスポートがあることです。23時間あれば全部見られるし、何度も来る人がいるのか疑問です。

 

全体として、BBCの自然をテーマにした番組をテレビで放送していますが、それをベースにアミューズメントの味付けがされているという感じでした。

そこで、オービィ大阪に合う人たち、合わない人たちを考えてみました。

 

・合う人たち

小・中学校の体験学習で来た子供達:やはり学習の場に近いですね。ただ動物の映画を見るだけでなく、五感を使った体験ができるし、少しアミューズメント感覚も味わえるので楽しく学習できるのではと思います。

小・中学生の家族連れ:上記と同様に親子で楽しめて、それなりの実感を得られます。

 

・合わない人たち

絶叫系のライドが好きな人:絶叫の”ぜ”の字もありません。ここに刺激を求めてはいけません。

SEGAということでゲーム的な要素を期待する人:それはないです。

 

 

もちろん、若いカップルや友達同士でも楽しめるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

《補足事項》(2016/5/5 追記)

ゴールデンウィーク中の状況や追加情報についてコメントをいただいたので、追記します。
 ・連休など人の多い時、ブルーレイヤーなど出入口に扉のないアトラクションでは、周りの声が聞こえてきて集中できない場合があります。
 ・エレファンツなどでは、従業員が少なくてスムーズな案内ができず、待ち時間が長くなる場合があります。
 ・写真を撮って購入するコンテンツは、色が暗くて顔がわかりにくいケースもあるようです。

 

Sponsored Link

-自然観察