アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

テレビ番組

逃走中で唯一賞金を得たAmiに見る、成功者の行動とは!(2/3)

2015/12/27

今回の逃走中は、『誘惑の扉』という仕掛けが初登場。ここに入れば自分は安全だが、5分間ハンターが10体増えるので、外にいる人は大変なことになります。自分だけ助かる道を選ぶか、仲間意識を大切にするか。正に”誘惑”との戦いです。残酷な演出をしますね。

(1) 最初にE-girlsのAmiは、最初に誘惑の扉に興味深々で近づくが、本田望結ちゃんからの「誘惑の扉に入らないで」というメールで一旦引き返します。

(2) しかし、小林麻耶が誘惑の扉に近づくのを見て再び接近。結局、ハンターが近づいてきたので、慌てて入ってしまう。(この時、近くにいた濱口優(よゐこ)、小林麻耶も一緒に入ってしまう。)

(3) 小林、濱口は仲間を裏切ったという、自責の念に駆られますが、一人Amiは落ち着いています。5分後、扉が開いて外に出ても、自分が助かって賞金をもらえる可能性があることに対する喜びの方が大きいようです。自分でも「性格悪いよね!」とニヤニヤするようになりました。

(4) この後、ハンターを一時的に捉える網鉄砲を二者択一で獲得するゲームを行うが、失敗。1分間身動きが取れなくなりました。

(5) そして、ハンターが近くを通過するが、じっと身を潜め、運良く見つからずに済みました。

(6) 更に、敗者復活のミッションに他の人が参加して、暗号解読のための3桁の数字を見つけようとしている時に、Amiは一人隠れて参加しませんでした。

(7) でも、暗号解読の数字がわかった時に、Amiは、それをメールで聞き出し、解除の作業を一人で行いました。

(8) そして、捕獲された人の内、誘惑の扉にAmiが入っていた時に捕まった3人を救出し、感謝されたのです。

(9) 残り時間が少なくなった時点で、『自首』して121万7400円の賞金を獲得、唯一の勝利者になりました。

(10) 他の参加者は、単純にAmiの勝利をたたえていました。

一方、一緒に誘惑の扉に入った小林麻耶は、自責の念に駆られてミッションに参加するも、あえなくハンターに捕まりました。敗者が入れられている檻に入ると、非難轟々、バッシングに遭っていました。周りの人の反応もAmiとは正反対でした。

Amiに対しては、人を踏み台にして自分の利益を得ているとんでもない女だと、腹わたが煮えくりかえりました。

Sponsored Link

-テレビ番組