アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

ロハスな生活

代車のパッソ(Passo)が意外によかったという評価

2016/03/09

201635日に我が家の古いマイカーをディーラーに車検に出しました。そして、代車として用意されていたのがトヨタのパッソでした。

これが意外によくてトヨタのコンパクトカー(実際はダイハツ製)で初めて「いいんじゃない?」と思えました。

 

見た目は軽自動車かと思えるほど小さく、実際に軽自動車より長さで25cm、幅で17.5cm大きいだけです。エンジンはわずか996cc、いわゆるリッターカーです。値段も130万円程度で、もう軽自動車と同じ価格帯です。

今回代車でありながら200kmほどドライブしたのですが、ボディがしっかりしており、静粛性もそこそこ、乗り心地は大変いいと感じました。ガソリンは9.5L使って実績燃費21km/L走りました。エコロジーでしかも自家用車として十分な気がしました。

 

以前、同じディーラーに車検に出した時は、古いヴィッツやカローラを代車として当てられましたが、どちらもへたり感が強く、これには乗りたくないと思ったものです。

最近のコンパクトカーは各メーカーともよくなっていると思います。

 

以前にレンタカーで日産マーチやホンダフィットに乗りましたが、どちらもよかったです。

マーチはタイ製とは思えないしっかりとした走りと乗り心地に関心しました。フィットはハイブリッドではなくガソリンエンジン車だったのですが、アイドリングストップ機構が秀悦でほとんど始動、停止がわかりませんでした。

また、1世代前のスズキアルトにのせてもらったことがありますが、軽とは思えないソフトな乗り心地で驚きでした。昔の軽自動車はギシギシいって、機械感満載でしたが・・。

 

日本のコンパクトカー、進歩していますね!

 

さて、パッソに戻って、少し気になった点ですが、アイドリングストップが神経質というか、私に合っていませんでした。停止時に時速約9kmで一旦エンジンが停止しますが、車が停止する前にブレーキを少し緩めてしまうと、エンジンが始動します。これは、もう少し鈍感でもいいかなと思いました。

総合的にはいいですよ。

 

追記:2016年4月11日にフルモデルチェンジするらしいですね。

 

Sponsored Link

-ロハスな生活