アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

ジョギング

ハーフマラソンでサブ2の目標達成。ソフトな走りとペース配分がキーでした。

2016/07/04

2016年3月13日、第9回大阪ハーフマラソン大会に出場しました。

場所は、ヤンマーフィールド長居(長居第2陸上競技場)及び長居公園内の長距離走路です。すぐ隣のヤンマースタジアム長居は先日、女子サッカーのオリンピック予選が行われ、残念ながらなでしこジャパンが出場を逃した場所です。

 

スタジアム内を含めた長距離走路の1周は3,301.6m、これを6周、それと走路を余分に1,289.9m走ることで21.0975kmになります。

周回コースは走るのに飽きてしまいますが、エイドステーションを何度も通れるので、計画的に給水、給食(チョコ、バナナなど)を取得できていいなと思いました。

Sponsored Link


 

2016-03-13 12.29.51

ゴール付近の様子

 

 

1月の失敗

 

今回のハーフマラソンは、ある決意を持って臨みました。

実は、2か月前の1月10日に武庫川(兵庫県)のハーフマラソンに出場しました。

目標は、2時間以内完走です。週に1回ですが練習を積んで、万全の状態と思って出場しました。

結果は、

 

完走したものの2時間00分47秒でした。まさか!あと47秒

 

「この時は、走り出してすぐにトイレ(小)に行きたくなって、しばらく我慢していたのですが、とうとう途中でトイレに行きました。そこで47秒ロスしたため、目標達成ならずでした。」

ということにしていました。(^_^;)

本当は、トイレのこともあったのですが、残り3kmあたりから足が動かなくなりました。しかも、無理に足を動かしたせいか、右足の膝の裏というか、ふくらはぎの上の腱を痛めてしまい、最後はへなへな状態のゴールでした。

そこで、2か月後にリベンジをはかるべく、長居のハーフマラソンに参加した次第です。

 

 

リベンジを図るべく再挑戦

 

今回は、言い訳しなくても有無を言わさず2時間を切りたい。そのためにはバテない脚力と、足を痛めない走り方の習得が必要でした。

脚力アップは地道に毎週11kmのクロスカントリーなコースを走ることで、なんとかなったのかなと思います。走り方については、出来るだけ体重をドンと足に乗っけずに、ふわりと筋肉で受け止めるようにしました。

 

ペース配分は、まず前半は慎重に走りました。どうしてもスタート時点は密集しているし、私のような、なんちゃってランナーはスタート地点より、大分後ろからの出発になるので、物理的に時間がかかります。
また、最初は体の調子を見てゆっくり言った方がいいですから。

このコースは、最初余分な1,289.9mを走ってから、周回コースを6周することになります。このスタートから1,289.9mを8分以内でいければ、と計算していましたが、7分30秒で乗り切りました。残り112分30秒を1週18分45秒で走れば待望のサブ2です。


最初、ペース配分がよくわからないので、ゆっくり目のマイペースで様子を見ます。1週19分ぐらいでした。1kmあたり5分45秒ぐらい、ハーフマラソンでは、2時間を少し超えるペースです。まずこのペースで3週してみましたが、まだ、体に余裕があります。これは頑張れば2時間切れるかも、と思い始めます。

4週目は少しペースを上げてみました。1週18分30秒ぐらいでしょうか。1kmあたり5分36秒ぐらい、ハーフマラソンでは、2時間を切れるペースです。でも、前半が遅かったので、挽回する必要があります。最後2週はさらにペースを上げ、恐らく18分を切って、1kmあたり5分25秒ぐらいで走りました。

ほんと、息が上がってきつく、ゴールが遠かったですが、最後攻めたという充実感がありました。また、多くのランナーを追い越しながら走ったので、気分良く走れました。

最初はゆっくり、最後にペースを上げて走りきるという理想のレースができたかなと思います。

その結果、

 

 

待望のサブ2を達成しました。1時間58分46秒です。ヽ(^◇^*)/

 

 

しかも、このまま2倍すれば

フルマラソンでのサブ4達成です。

 

 

いやいや、今回いっぱいいっぱいで、2倍の距離なんか走れませんって!

フルを走る人はすごいです・・・

 

Sponsored Link

-ジョギング