アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

ジョギング 自然観察

Mt.ROKKO クロスカントリー20K in 神戸森林植物園 口コミレポート

2016年4月13日(水)に開催された『Mt.ROKKO クロスカントリー20K in 神戸森林植物園』に出場しました。
休園日の水曜日を利用した、神戸市立森林植物園の全てを走れるプレミアムな大会です。

 

神戸市立森林植物園は、市街地から至近の六甲山地の一角にある、総面積142.6haの広大な国内唯一の森林を中心とした植物園です。そして、今年で、開演から76年目を迎えます。
園内では、約1,200種(うち約500種は外国産)の樹木を見ることができます。

 

コースは5km、10km、20kmとあり、1周5kmのコースを周回します。私は20kmのコースに出たので、4周しました。

 

2016-04-13 08.53.13

開会式前の様子

 

2016-04-13 12.06.04 HDR

ここからスタートです。

 

では、このレースをレポートします。

 

《コースの環境、走りやすさ》

 

ずっと森の中なので、空気は清浄で、フィトンチットを浴びてとても気持ちよく走れました。
コースも土の道が多く、足への負担も少なかったと思います。

 

ただ、重力が足を引っ張りました。
最初は快調に坂道を登っていましたが、3周目、4週目は「スローもションかっ!」って自分でツッコミを入れていました。
iPhoneのアプリRuntasticで確認すると全体で高低差425mありました。1周あたり106mぐらいの上り下りですね。

 

また、断続的な雨模様だったので、一部ぬかるみがあり、滑らないように注意が必要な箇所がありました。逆に乾燥した時期であれば、カーブで足がズルッと滑ると思われる箇所もありました。それとデコボコの箇所があり、疲れた時につまづかない注意が必要です。
しかし、当然致命的ではなく、少し注意すれば大丈夫です。

 

《スタッフの対応》

 

明るく、気持ちよく対応してもらいました。
あと、森林植物園のスタッフの方も、コース上の水たまりの水の排除や土を入れて、出来るだけ走りやすいコンディションを作ってくれていました。

 

それと、観客がいなかったのでスタッフの方の応援が唯一でしたが、一所懸命応援していただき、とても励みになりました。
休園日を利用して、このような大会を企画し、開催していただいたことにも感謝しています。

 

《記録、参加賞》

 

最近の多くの大会で実施している通り、ゼッケンに付けたICチップで正確な時間を計測し、完走証もすぐにPCから印刷してもらえました。
参加賞はテーピング用のテープかナイロン製の袋の選択です。参加賞に期待している人はそういないと思いますので、まあいいかなと思います。

 

《全体の感想》

参加者は100人ぐらいでしょうか。平日だったこともあり、少なめでこじんまりとした大会でした。
今後もこのような気持ちのいい大会を継続してほしいものです。次は恐らく秋の紅葉シーズンに開催していただけると思います。

 

《個人的な感想》

 

私は、普段クロスカントリーコースでトレーニングしているので、ある程度自信があったのですが、いつもの練習は11km、今回は20kmで、案の定、後半にどっと疲れが出ました。
それでも、記録は1時間58分1秒、なんとか10km/60分以内で走れて目標達成しました。

 

そんな中で最後の1周の途中で、私の前に上り坂を苦しそうに歩いている若者が現れました。
しばらくして下りで追いつき、追い越す時に
「がんばりや!」
と声をかけました。

 

若者は
「えっ、はぁ」
と中途半端な返事。

 

下りということもあって、私は快調に走り抜けたつもりでした。
しばらく走っていくと、怪しい足音がずっとついてきます。気になった私は急なカーブのところでチラッと後ろを確認すると・・・あの若者が20m後ろをついてきています。

 

なんと、彼の負けん気に火を付けてしまったのか?
しかも、実質私が彼のペースメーカーになってしまっていたようです。

この時点でペースメーカーはきつい、ダラダラした登りで私の勢いは削がれていました。
とうとう、最後のきつい上り坂の手前でその若者に抜き返されました。

 

『がんばれと 言った相手に 追い抜かれ』

 

ちょっと、ほろ苦い結末でした。

 

2016-04-13 11.47.42
昼食は、コレ
弓削牧場特製「季節のランチBOX」

 

Sponsored Link

-ジョギング, 自然観察