アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

IT機器

ブラザープリンター DCP-J963N 『開封の儀』(その2)セットアップを行いました。

2016/07/23

前回のブログでは、ブラザープリンター DCP-J963Nを買って梱包を開けるところまで書きました。

ブラザープリンター DCP-J963N を買いました。そこで『開封の儀』を執り行いました。

 

続けて、セットアップを行ったので、進め方と気づいたことを書きますね。

 

Sponsored Link


1.A4用紙のセット

最初にA4用紙をセットしましょう。

まず、この状態から、

プリンタ正面

用紙トレイを引き出します。

トレイ引き出す

トレイカバーをガバッと開いて、

トレイふた開け

用紙を入れたら、トレイを戻します。

トレイ紙入れ

 

2.電源を入れて、スターターインクカートリッジの取り付け

次に電源を入れて、スターターインクカートリッジを取り付けます。

スターターインク

前面右下のインクカバーを開くと、オレンジ色の保護部材が入っています。これを取り出しましょう。

インクカバー開ける

インクカートリッジのカバーを取り外します。

カートリッジレバー閉

カートリッジレバー開

カートリッジレバー取り外し

必ずスターターインクカートリッジを使用します。
別の詰め替え用インクを先に入れると、稼働しないので注意!

インクカートリッジが収まりました。ブラックだけ太めです。

インクカートリッジ装填

すぐにプリントヘッドのクリーニングが始まります。
ただ、インクカートリッジ取り付け前に電源を入れていないと、もう一度インクカートリッジの取り付けをやり直させられます。

クリーニング中画面

 

3.印刷品質のチェック

プリントヘッドのクリーニング終了後、印刷品質のチェックシートを出力します。文字にかすれや切れがないか確認します。

印刷品質チェックシート

 

4.ドライバーとソフトのインストール、Wi-Fiの設定

CD-ROMまたはブラザーのサイトから指示に従って、ドライバーとソフトをインストールします。完了するとこの画面。

インストール完了画面

 

5.Wi-Fiの設定

続いて、これも指示に従ってWi-Fiの設定を行います。
[USBケーブルを使用せずに設定する]が推奨です。

全て完了するとこの状態。

スタンバイ完了

 

6.印刷品質

・通常文書
印刷品質のチェックシートの通り、特に問題ありません。

・写真印刷
多くの評価にあるように薄く、全体に発色が弱い感じです。
なぜか、スマホからの印刷の方がくっきりと印刷されました。上の写真がスマホから、下の写真がパソコンからの印刷です。
画面でわかるでしょうか?

写真の違い

 

7.印刷速度

・立ち上がり速度
数秒でCanonと比べれば雲泥の差です。

・印刷速度は、以下の違いがあります。
[スマホ] 3分5秒
[パソコン] 38秒

スマホは印刷が遅い分、多くのインクを使って濃くなったのかもしれません。それにしても3分は待てないですね。故障かと思ってしまいました。

ちなみに、写真は前面より奥に排出されますので、手を突っ込んで取らなければなりません。(写真の赤く囲んだところ)

写真印刷

 

8.総評

セットアップは簡単でスムースに行きました。
普通に印刷や、コピーをするなら、ストレスもなく素早く印刷できます。
Wi-Fiも問題なく、便利です。

ランニングコストも期待できそうです。

残念なのは写真で、もう少し鮮やかな発色を期待するなら、写真印刷サービスなどを利用した方がよさそうです。

総合的には、実用十分で、とてもお買い得だったと思います。

 

Sponsored Link

-IT機器