アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

自然観察

10月21日、22日未明、ハレー彗星の流星群と3惑星の「整列ーっ」を同時に楽しんじゃおう!

2015/12/27

皆さんは、ハレー彗星ってご存知ですよね。およそ76年という周期で地球に接近するのですが、楕円形の軌道にたくさんの塵を残しながら回っています。そして、毎年ほぼ同じ時期に、その軌道を地球が交差します。そうすると、漂っていた塵が地球に突入して、たくさんの流星(流星群)見られるのです。

これらの流星群は、ちょうどオリオン座の右手あたりを中心に放射状に飛び出すように見えます。そこで、この流星群を『オリオン座流星群』と言います。

この時期のオリオン座は、明け方近くに東の空に高く上ります。

また、1018日以降には、日の出の約1時間ほど前の東の空で金星と木星が大接近しているのが見えます。金星はマイナス4等、木星はマイナス2等で、すぐに発見できると思います。26日には、最接近します。

実は、この他に、近くに赤い火星も見えます。これら3つの惑星は、21日頃に横一列に並んでいるように見えます。

観察の仕方については、『簡単で楽しい夏休みの自由研究 流れ星の観測(ペルセウス座流星群)』に書いているので参照してください。ただし、これは夏の観察について書いているので、今の時期はしっかりと防寒対策をとって観察してください。

秋の夜(といっても明け方ですが)早く寝て、夜明け前にゴソゴソ起き出し、珍しい天体ショウを見てみては、いかがでしょうか?

Sponsored Link

-自然観察