アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

社会貢献

個人所有のビーチが市民の元に!クラウドファウンディングをナショナルトラストに活用!

ニュージーランドの個人所有の美しいビーチが、市民の元に帰ってきました。クラウドファンディング(不特定多数の人が通常インターネット経由で、他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと)を活用して、資金を集め、買い取ったということです。

Sponsored Link


Awaroaビーチ

出典:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160712-24395134-irorio

そのビーチとはニュージーランド南島のAwaroaビーチです。
Awaroaの入り江は南島の先端に位置し、金色に輝く砂浜が800メートルにわたって広がっています。

なんと、これは個人所有だったのですが、地元の牧師さんが、個人から買い取り国立公園に変える運動を始め、クラウドファウンディングで寄付を募ったところ、すぐに話題になりました。その結果、3カ月と少しの間で約4万人が寄付をし、230万NZドル(約1億7000万円)が集まりました。

この状況を受けてビーチの所有者も売却に同意して、市民の手に戻されました。そして、隣接するアベル・タスマン国立公園に編入され、今後は環境保全省によって整備・管理が行われます。

このことは、今後、ナショナルトラスト運動を行う場合、従来より容易に資金が集まる可能性があるということだと思います。

『ナショナルトラスト運動(ナショナルトラストうんどう)は自然環境等を経済的な理由での無理な開発による環境破壊から守るため、市民活動等によって買い上げる・自治体に買い取りと保全を求める活動である。』(出典:Wikipedia)

今まで、北海道知床半島や、和歌山県天神崎などで運動が展開され、全国に拡大していますが、今後、クラウドファウンディングを使うことで、資金面の調達が容易になるのではないでしょうか?

寄付する人も、ネットで気軽に協力できるので、相当距離が縮まるのではないかと思います。
私も応援したいと思います。

Sponsored Link

-社会貢献