アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

旅行

初心者でも大丈夫 格安で鉄道旅行ができる大回り乗車[実践編] 阪和線、和歌山線、大和路線 修行の旅

2018/01/28

大回り乗車について

通常、鉄道を利用する場合、乗車券に指定された経路で乗車しなければなりません。

ただし、特例としてJRの大都市近郊区間(東京、大阪、福岡、新潟、仙台)内に限り、乗車券で指定された以外の経路を乗車することができます。

大回り乗車とは、こういう特例などをうまく利用して、長距離の鉄道旅を楽しむことです。

詳しくは、以下を参照してください。

初心者でも大丈夫 格安で鉄道旅行ができる大回り乗車[準備編]

Sponsored Link

大回り乗車体験ルート - 阪和線、和歌山線、大和路線 -

さて、ここでは関西の大回り乗車について、初心者向けに実際に旅をした例を紹介しますね。

今回は、阪和線、和歌山線、大和路線を中心に回ることにします。
特に和歌山線、大和路線は今まで乗ったことがありませんので楽しみです。

出発は東西線の加島駅、到着は尼崎駅としました。
この区間は、最低料金の120円で済みます。

出発駅と到着駅は、例えば天満駅出発、大阪駅到着など皆さんの利用しやすい駅を選んでください。

Sponsored Link


 

加島 08:46 → 京橋 09:06 (東西線 20分)

東西線加島駅で尼崎駅までの120円の切符を買います。
これで7時間19分、275.7kmを旅します。

東西線の区間は、何度も通勤で利用していましたし、ずっとトンネルなので本を読んでいる間に京橋駅に着きました。

 

加島からの120円切符



加島駅改札



東西線加島駅



加島駅から乗車の207系



 

車両:207系(ベンチシート)
景色:地下路線なので全く見えません。
売店、食事:ありません。事前にコンビニ等で購入してください。
トイレ:207系電車には、トイレはありません。
加島駅の改札階(ホームの上)にあります。また、京橋駅東西線ホームの大阪城北詰駅側の端にあります。

 

京橋 09:10 → 天王寺 09:24 (大阪環状線 14分)

大阪環状線には半年ぶりぐらいで乗ったんですが、あの子供の頃から慣れ親しんだ、でも、乗り心地が悪くて汚くて、どうにかならにかと思っていた、オレンジ色の103系車両が、突然なくなっていました。
なんと、一気に真新しい323系に切り替わっていました。さすが新型、乗り心地が良くてスーッと走ります。ありがとう、さよなら103系!



環状線京橋駅



環状線の323系



 

車両:323系(ベンチシート)
景色:大阪の市街地。右に大阪城公園が見えます。
売店、食事:京橋駅の東西線ホームにセブンイレブンがあります。また、弁当、ベーカリー、スイーツのお店が改札内にあります。
トイレ:323系電車には、トイレはありません。
京橋駅の東西線ホーム、北改札付近、南改札付近にあります。

 

天王寺 09:28 → 和歌山 10:44 (阪和線 1時間16分)

この区間は、関空・紀州路快速に乗りました。前4両は関西空港行、後4両は和歌山行で日根野駅で切り離します。必ず後4両に乗りましょう。

さすがに外国人観光客が多く利用するので、行き先を間違わないように日本語、英語、中国語、韓国語で車内放送を行なっています。海外の電車に乗ったようなワクワク感がありました。



阪和線天王寺駅



阪和線の225系


車両:225系(クロスシート)
景色:天王寺から基本、市街地の中を走ります。東岸和田駅近辺は高架化の工事が進んでいます。大阪府と和歌山県の府県境付近は山の中です。
売店、食事:天王寺駅の中央口改札内、1、2番線ホームにセブンイレブンがあります。また、ベーカリー、スイーツのお店が改札内にあります。
トイレ:225系電車には、1号車と5号車にトイレがあります。
天王寺駅の天王寺Mioプラザ館改札付近、東改札付近にあります。

 

和歌山 10:50 → 高田 13:04 (和歌山線 2時間14分)

一旦和歌山線の電車に乗ると3時間ほど乗りっぱなしなので、乗り換えの6分の間に和歌山駅でトイレに行っておきます。(1番線乗り場天王寺寄り)

車両は105系で、ポッコリしたベンチシートに長く座っていると腰が痛くなるし、景色が見えにくいし、奈良まで修行の3時間でした。(;_;)

橋本駅からは、南海高野線と接続しているからか外国人の方がぞろぞろと乗り込んできました。すると、白人女性が私の方に近づいてきて目が合いました。
「Nara? Nara?」
もちろん、「はい、奈良行きです。」と笑顔で答えました。

試しに私の乗っていた車両の乗客を数えると、日本人(らしき人)8人、外国人(らしき人)13人でした。JRも外国人でもっているんですね。

さっき「Nara?」って聞いた人、吉野口駅で降りて近鉄に乗り換えてました。



和歌山駅



和歌山線105系


車両:105系(ベンチシート) 朝夕は117系(クロスシート)も運行
景色:田舎ののどかな景色が続きます。癒されます。ただ、105系はベンチシートなので見えにくいです。
売店、食事:ありません。
トイレ:105系電車には、1号車にトイレがあります。
和歌山駅の1番線ホーム天王寺寄りにあります。

 

高田 13:09 → 奈良 13:58 (桜井線 49分)

和歌山駅からの電車にそのまま乗っていると、高田駅から進行方向が逆転して桜井線に入ります。和歌山線に比べると、自然の景色が減って街中の路線です。
さてと、あと49分修行が続きます。

奈良駅で降りるときに、体が「くの字」に固まっていました。(;_;)

 

奈良 14:23 → 京都 15:24 (奈良線 1時間1分)

奈良駅には改札内にちょっとした待合室がありますので、遅い昼食をとりました。途中、昼食を買う時間はないので、乗る前にコンビニ等で調達しておきましょう。

この区間は、みやこ路快速221系に乗りました。前向きのシートで景色もよく見えるし、快適でした。
奈良から京都、間に宇治と観光地を結んでいるので、外国人の方がたくさん乗ってきました。
ここでも日本語、英語、中国語、韓国語で車内放送を行なっていました。

ただ、他の路線では日本語のアナウンスだけで、海外の方への配慮がありませんでした。

 

奈良駅



奈良線221系



 

車両:221系(クロスシート)
景色:前半は山の中。宇治、京都に近づくと市街地です。
売店、食事:ありません。
トイレ:221系電車には、1号車にトイレがあります。
奈良駅の4番、5番線ホーム下にあります。

 

京都 15:30 → 尼崎 16:05 (東海道線)

京都駅では、しきりに写真を撮る人だかりがあったので見てみると、向かいのホームにSLが停車していました。
C12だったので、おそらくSL北びわこ号を引っ張る機関車だと思います。



SL C12



京都駅



京都線225系



 

ここからは、よく知っている区間なので、ゆったり快適な新快速に揺られて、尼崎まで戻ってきました。

 

尼崎駅



 

車両:225系(クロスシート)
景色:基本、市街地を走ります。
売店、食事:京都駅の地下東口改札内、西口改札内、0、2、3、4、5、30、31番線ホームにセブンイレブンがあります。また、土産物、スイーツのお店が改札内にあります。
トイレ:225系電車には、1号車と5号車にトイレがあります。
京都駅の中央口改札付近、八条東口改札付近、2階乗り換え通路にあります。

 

まとめ

感想

何と言っても、和歌山線と桜井線の3時間はキツイ。
腰を痛めている人は要注意です。

と言っても、田舎の鉄道好きの私には魅力の路線でした。

全体としては、効率よく長い距離を回れたのでは、と思います。

後は、兵庫県内と亀山、琵琶湖方面を乗れば関西で大回りで乗れる路線をほぼ網羅できます。
これらは後ほどレポートしますね。

Sponsored Link

-旅行