アラシックス男のnatural生活

自然と触れ合い、健康で自由な生活に憧れる、定年男のブログ

旅行

初心者でも大丈夫 格安で鉄道旅行ができる大回り乗車[準備編]


はじめに

鉄道旅行って楽しいですよね。
ただ、長距離になると費用がかさむのが玉にきずです。

それで、青春18切符やフリーパス等の安く抑える方法がありますが、路線は限られるものの、これらよりはるかに安く楽しめる方法があります。

それが、大回り乗車です。

ここでは、初心者向けに大回り乗車のやり方について説明したいと思います。

 

Sponsored Link

大回り乗車について

大都市近郊区間では、鉄道網が発達して、A地点からB地点に移動するのに何通りもの行き方ができる場合があります。

JRでは以下の”大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例”を定めています。

・大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。

・重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。途中で下車される場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。

(出典:JRおでかけネット ”大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例”
大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例

また、大都市近郊区間とは、東京、新潟、仙台、大阪、福岡の近郊で定められています。
詳細な路線の範囲は、JRおでかけネット ”大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例”を参照ください。
大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例

でもこのような特例があるのはなぜでしょう?

JR西日本広報部によると
「鉄道網の発達した大都市圏では、同じ目的地に行くのに複数の経路があります。経路によって運賃が異なると、発券や改札が煩雑になり、乗客も不便だからです」
(出典:日本経済新聞 2012/6/16 記事)
JR西日本 初乗り120円でどこまで行ける? 関西でも「大回り乗車」に挑戦

ということだそうです。

ですので、例えば1駅間120円の切符であっても、ぐるーっと遠回りして乗車することも可能ということです。

 

それでは、早速出かけましょう。

 

とは言っても、具体的にどうすればいいか、困りますよね。

そこで、出かける前の準備として必要なことをQ&A方式で説明します。

 

Sponsored Link


大回り乗車Q&A

Q1. ルートはどうやって決めればいいの?

A1. 大回りのルールがありますので、それに従って決めてください。

大回り乗車は「大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例」で定めた、次のルールがあります。

・同じルートを重複して通らない
・同じ駅を二度通らない
・普通乗車券または回数乗車券で利用する
・途中下車できない

これらに注意して、あなたの行きたい路線や駅を通るルートをあらかじめ決めて、列車の時刻を調査し、日程表を作りましょう。
日程表は、印刷して検察の時にルートを聞かれたら、提示できるようにしておいてください。

時刻調査は、下記のサイトがJR路線に絞って検索できるのでおすすめです。

Hyperdia

私は、この検索結果を印刷して、日程表として利用しています。

時刻調査のコツとしては、候補地が3つまで指定できますので、通りたい駅名を順番に入れて検索してください。

その際、乗換駅を入力すると乗りたくない路線を提示される場合があります。
乗りたい路線の途中駅を指定した方がうまく行くと思います。
色々と工夫してください。


Q2. 長時間乗車で疲れませんか?景色を楽しめますか?

A2. できるだけクロスシートの列車を選べば疲れにくいし、景色も良く見えますよ。

列車のシート構成は、大きく分けてクロスシートとベンチシートがあります。

クロスシートだと、列車の進行方向に対して直角に席が配置されています。
このため、景色がよく見えるし、概ね乗り心地がいいし、人目を避けて弁当も食べられます。

問題はベンチシートで、向かいの窓から遠くの景色が見えるくらいで、人が立つともう見えません。座り心地はあまりよくなく、弁当を食べるのは勇気がいります。

例えば、和歌山線であれば105系(ベンチシート)より117系(クロスシート)を選んだほうがいいと思います。乗車する時間帯にもよりますが・・。

どの車両が運行しているかは、鉄道関連のサイトで確認できます。”和歌山線 クロスシート 運行”、”和歌山線 117系 運行”などで検索してください。


Q3. 検札を受けたらどうしたらいいですか?

A3. 慌てずに対応すれば大丈夫です。

路線によっては車掌が検札に来る場合があります。また、加古川線のように乗換え時に改札を通過する駅があります。

そういう場合、次のように対応しましょう。

①切符を見せて「大回りしています」という。
→これでほぼ通用します。

②どういう経路かを聞かれた場合、日程表を見せて「この日程表通りに乗車しています」という。

③万一、車掌や駅員が大回りについて理解していない場合、”大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例”のコピーを見せて「この特例に従って乗車しています」と説明する。


Q4. 経由地が記述されている切符がありますが、大回りは可能でしょうか?

A4. 大都市近郊区間内であれば、経由地によらず、大回りは可能です。

”大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例”には、「実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。」とありますので、経由地が記述されていても大回りは可能です。


Q5. 切符に時間制限があって、自動改札を出られないことがあるのでは?

A5. 自動改札に時間制限で引っかかっても、有人の改札から出られます。

JR東日本など鉄道会社によっては、切符に時間制限があるようです。
もし、自動改札を出られなくても、有人の改札に行って、大回りをしている旨を伝えてください。
経路や理由を聞かれた場合、Q3の対応を行ってください。

ちなみに、私がJR西日本で7時間19分の大回りを行った時は、自動改札を問題なく通過できました。


Q6. 定期券で乗車できますか?

A6. 定期券は対象外です。

”大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例”には、「普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、」とありますので、定期券は利用できません。


Q7. 食事はどうすればいいでしょうか?

A7. 途中下車できないので、事前に購入しておくか、駅ナカのお店を利用します。

次のパターンがあります。

①全ての乗換えの時間がタイトな場合
コンビニ等で事前購入して、列車内で食べます。
ベンチシートであれば、ちょっと他の乗客の視線が気になりますが・・

②15分程度の乗換え時間がある場合
コンビニ等で事前購入し、駅内の待合室等(事前調査が必要)で食べましょう。

③十分に乗換え時間がある場合
駅ナカのお店も利用できます。

出来れば、ある程度余裕を持った乗換え時間を確保して、駅で食べるほうがいいと思います。

事前に調査して、駅ナカの飲食店やスイーツのお店に寄るのも楽しいですよ。


Q8. 何を持っていけばいいでしょうか?

A8. 基本は日帰り旅行の身支度で出かければいいです。

ただ、列車に乗っている時間が長いので、それを考慮した持ち物を持参してください。
あと、特別なものとして検札の対応ができるものが必要です。

①検札対応
・切符 ・本日の日程表 ・”大都市近郊区間内のみを利用する場合の特例”のコピー

②食料品
・必要な場合、朝食、昼食、夕食のいずれかの食べ物 ・飲み物 ・おやつ など

③車内で過ごすために
・本 ・カメラ ・スマホ など

④その他日帰り旅行の携行品
・カバン ・雨具 ・防寒具 ・筆記具 ・常備薬 など


まとめ

いかがでしょうか。

やってみれば意外と簡単だし、計画を立てるのもなかなか楽しいものですよ。
初心者の場合は、短い距離から試すのがいいかもしれません。

ただ、くれぐれも、ルール違反とならないように、事前にルートを決めて利用するようにしてくださいね。

Sponsored Link

-旅行